【シオカラトンボ】  Orthetrum albistylum

e0187867_20305690.jpg


もっともなじみ深いトンボのひとつです。

e0187867_20323758.jpg


シオカラトンボとは、成熟して水色になったオスにつけられた名前で、

e0187867_2032596.jpg


茶色いメスは俗にムギワラトンボと呼ばれています。


山地から住宅地に至るまでの、池、湿地、水田、溝、水たまりなど、

あらゆる環境で発生し、各地に普通に見られます。


【8月27日】

 どこでも見かけるシオカラトンボ。

 ♂や♀たちにもよく出会います。

e0187867_1752057.jpg


e0187867_17521575.jpg


 でも、カップルの姿はあまり見かけませんね…

 ここ小矢部の興法寺の池では、交尾の姿をとらえることができました。

e0187867_17534865.jpg


e0187867_1754237.jpg


e0187867_1754362.jpg


e0187867_17545252.jpg






にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by aki-tombo | 2009-08-27 17:55 | シオカラトンボ

【コノシメトンボ】 Sympetrum baccha matutinum

e0187867_2191475.jpg


8月25日…ようやく見つけましたよ

e0187867_2193952.jpg


e0187867_2110388.jpg


成虫は体長38~45mm程度で、
翅の先端に黒褐色の斑紋があり、
ノシメトンボに似ていますが若干小型です。

e0187867_21102545.jpg


e0187867_21104277.jpg


夏の終わりということもあり、
♂と♀がつながって産卵している
「貴重な姿」も撮影することができました。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by aki-tombo | 2009-08-25 21:03 | コノシメトンボ

【クロイトトンボ】  Cercion calamorum

e0187867_20175172.jpg


黒っぽくて、腹部の先が青いイトトンボです。

e0187867_20183396.jpg


成熟したオスは胸の横が粉をふいたように白くなっています。

e0187867_20192119.jpg


メスは上から見ると全体が黒く、反対に裏側はベージュがかっています。


平地や丘陵地の水草の多い池などに多く、都市周辺でも普通に見られます。

e0187867_2021915.jpg


発生時期も、春から秋まで長期間に渡ります。

e0187867_20213216.jpg


e0187867_20214746.jpg


e0187867_20223725.jpg



【8月7日 婦中いこいの村 自然博物園「ねいの里」】

 しっぽの先が青いクロイトトンボ…

 ここ「ねいの里」にもたくさんいました。

e0187867_17271622.jpg




【8月25日 婦中いこいの村 自然博物園「ねいの里」】

 ♂につながれた♀が産卵しているところも偶然見かけましたよ。

e0187867_17282072.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by aki-tombo | 2009-08-25 17:28 | クロイトトンボ

★アカトンボの見分け方★

日差しに照らされて原っぱや街中には、アカトンボがたくさん飛んでいますね。
みんな同じように見えるアカトンボたちですが、実はいろいろな種類がまじっています。

身近に見られるアカトンボの代表種を写真図鑑的にご紹介します。

★一番多い【アキアカネ】
  …街中にも飛んでいる代表的なアカトンボ

e0187867_18414034.jpg


アカトンボの中で見かける機会が一番多く、なじみ深いのがこの種類です。
腹部だけが赤くなって、頭部や胸は赤くなりません。
夏の間は山ですごし、秋になると平地に降りてきます。


★全身が真っ赤な【ナツアカネ】
  …複眼や鼻先も朱色に染まるナツアカネ

e0187867_18421363.jpg


名前からは、夏に現れるように思いますが、そうではなく、
ほかのアカトンボと同様、秋に色づき、活動します。
アキアカネよりも少し小ぶりで、なんといっても、からだ全体が赤くなるのが特徴です。


★【ナツアカネ】と【アキアカネ】の見分け方★

e0187867_18442636.jpg




★顔に黒紋【マユタテアカネ】

e0187867_18445987.jpg


遠目に見ると、胸部が少し黒っぽい感じのアカトンボです。
近くで見ると、鼻先の黒紋が目立ちます。林の周辺などでよく見られます。
顔にある「眉」のような黒紋が特徴のマユタテアカネ。
でも眉というより鼻ひげといったほうがピッタリかもしれませんね。


★はねの先が黒い【リスアカネ】

e0187867_18455488.jpg

 
はねの先端部が黒褐色になったアカトンボです。
まわりに樹木がよく茂った丘陵地の池などで見られます。


よく似た種類に、

全身が赤くなる【コノシメトンボ】

e0187867_19245412.jpg



ぜんぜん赤くならない【ノシメトンボ】 がいます。

e0187867_19251024.jpg




★アカトンボと間違われがちなトンボ2種

厳密な意味でのアカトンボとは、
分類上アカトンボ属(アカネ属)と呼ばれる仲間に含まれる種類をさしますが、
そうではないのにアカトンボの仲間だと思わがちなのがこの2種です。

【ショウジョウトンボ】

e0187867_18474149.jpg


アカトンボ以上に全身真っ赤で、腹部がちょっと扁平。夏場に多い種類です。


【ウスバキトンボ】

e0187867_1848286.jpg


黄色っぽくてはねがちょっと幅広。南方系の種類で秋に数が増えます。


……いかがでしたか?
   これから暑い夏の夕暮れどきから秋にかけて、
   たくさんのアカトンボたちが見られます。
   
   なんという名前か、じっくり観察してみましょう。



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by aki-tombo | 2009-08-15 18:50 | ★アカトンボの仲間

カップルたち

ようやく「夏らしく暑い日」がやってきました。

トンボたちにとっては、
子孫を残そうと「必死」にがんばっているのですが、
これだけ雨続きではねえ…

今日は、貴重な「交尾」の画像をお届けいたします。
こうした場面はなかなか目にできません。

e0187867_19583832.jpg


e0187867_19585276.jpg


アジアイトトンボのカップルです。

e0187867_19592841.jpg


クロイトトンボのカップルです。

e0187867_200115.jpg


モノサシトンボのカップルです。

e0187867_2003335.jpg


マユタテアカネのカップルです。

……なかなかお目にかかることができない光景です。
   今後も探し求めていきたいと思っています。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by aki-tombo | 2009-08-12 20:02 | ★交尾